一般外来診療のご紹介

一般外来のご紹介

一般外来は予約なしで受診できますが、患者様の症状によっては、ご希望に添えない場合もあります。
予めご了承ください。

内科

診療は月曜日から金曜日の午前と午後、土曜日は午前中のみの診療を行っています。月曜日、火曜日、金曜日は夜間外来も行っています。夜7時まで受け付けています。
風邪やインフルエンザ、膀胱炎、などの急性疾患から、糖尿病、高血圧症、高脂血症、脳卒中などの慢性疾患まで幅広く治療しています。

入院治療が必要な疾患では、大田病院をはじめ、近隣病院の専門科へ紹介入院を行っています。
一つの病気だけを診るのではなく、患者さんの全身を診るよう心がけています。例えば、脳卒中の慢性疾患患者の場合でも消化器癌などを見逃さないように定期的な検査をお願いしています。
医療機関で不快な経験をしたことがある患者さんが、77.9%に達するという調査があります。外来受診を続けてもらうことが第一であり、そのためには、思いやりのある態度や笑顔といった接遇をスタッフ全員が心がけ、来院時に不快な思いを与えないよう努力しています。中断しがちな患者さんへのフォローアップをスタッフ全員で取り組んでいます。

お気づきの点がございましたら、気軽にスタッフに声をおかけください。

消化器外科

消化器の癌、乳がん、痔などの肛門病,鼠蹊部ヘルニア、足の静脈瘤の治療を中心に取り組んでいます。また癌の化学療法や緩和ケアにも力を入れています。
他の病院で手術をされた方でも相談に応じることができます。気軽にご相談ください。

整形外科

診療は月曜日から土曜日の午前中、火曜日の午後です。予約(再来)と一般(初診・急患)を同時に診ております。手の症状(手の外科)を専門的に診療することができます。
物理療法、リハビリテーション(実施は大田病院内で)、も行えます。手術は大田病院で行っています。大田病院でのMRI検査もすることができます。
 整形外科は運動器を診るところです。動きに関係する症状の、歩きにくい、物が持てない、手が痺れて仕事ができない、肩が痛くて動かない、腰痛、膝関節痛などがある場合は、ご相談下さい。お役にたてると思います。

耳鼻咽喉科

東邦大学大森病院の耳鼻科医師にて、月曜日と休祭日以外、毎日交代にて、外来診療を行っております。耳鼻咽喉科一般疾患をすべて診察しております。急性扁桃炎で点滴加療の必要な患者様は入院することなく、外来でも治療を行っております。頭頚部悪性腫瘍、突発性難聴、顔面神経麻痺などは東邦大学にご紹介させていただいております。水曜日には認定補聴器専門「リオネット」さんが来ており、補聴器の相談を随時受付けております。大田区のかかりつけ医を目指して外来を行っておりますので、是非ともよろしくお願い致します。

耳鼻科補聴器外来

「補聴器をつかってみたいけど、いきなり買うのはちょっと・・・」「お店に行くと高いものを買わされそうで心配・・・」そろそろ補聴器が必要かな?と思われた場合には、いきなり補聴器を購入するのではなく、まず、耳鼻科を受診していただき、耳の疾患の有無を診断します。
補聴器を希望される患者さんには専門外来で聴力の検査を行ったあと、補聴器のフィッテイングをしていきます。しばらく試しに使用していただき、何度か調整を行い、補聴器装用の効果を確認したあとでの購入をお勧めしています。
すでに補聴器を持っておられる方の調整のご相談も受付けております。

皮膚科

慢性の皮膚疾患である、アトピー性皮膚炎、尋常性乾癬、掌しょのう胞症、円形脱毛症などには、患者様一人一人の話をじっくり聞いて、その方にあった治療を行っています。
また最近テレビや新聞でも目にする、爪の水虫には抗真菌薬の内服パルス療法を始め、外用薬を使いながら、治療をしています。さらに帯状疱疹などの皮膚感染症など外来で対応できないものに対しては、入院治療も積極的に行っています。
その他皮膚腫瘍などの手術の必要な疾患は東邦大学病院を始めとする地域連携病院への紹介も行っていますので、「こんなことで病院は行ってもいいかしら?」と思うことでもお気軽にご相談ください。

小児科

東邦大学小児科から出張で外来診療を行っています。担当医師は曜日毎に異なりますが、医師間の連絡は密に行っておりますので、御安心ください。
病気はもちろん、乳児検診や各種予防接種も広く受け付けております。診療所とはいえ、血液や尿一般、レントゲン検査の緊急扱い分は当日結果が出ますし、点滴などの処置も受けられます。入院や詳しい検査が必要なときは、大学病院などへの紹介は迅速に対応いたします。また当診療所の特徴として同じフロアーに耳鼻咽喉科があることが挙げられます。
子供はのど、鼻、耳のトラブルが多く、二つの科を併診できることは、大きなメリットかと思われます。

泌尿器科

男女問わず、中年以降、おしっこの症状で悩む方がたくさんおられます。尿の出が悪い、トイレが近い、尿が漏れる、違和感があるなどの症状でお困りの方、是非一度ご相談ください。
また、現在日本では、前立腺がんの患者さんが急速に増えています。前立腺がんは、PSAという値を血液検査で測ることで早期に発見することができます。50歳以上の男性の方は、特に症状がなくても、一度検査を受けられることをお勧めいたします。
何かございましたら、お気軽にご相談ください。泌尿科専門医が親身に診察します。

眼科

眼科一般の治療をしています。 みえにく、かすむ、まぶしい、だぶって見える、見えない部分がある、などの見え方の異常や、痛い、かゆい、腫れ、充血などの症状があれば受診してください。
白内障手術は連携病院に紹介しています。また、緑内障は、初期には自覚症状がなく、早期発見、早期治療が大切です。健診などで高眼圧や視神経乳頭陥凹拡大などを指摘された方は必ず眼科に受診してください。
糖尿病の三大合併症のひとつでもある糖尿病網膜症も、自覚症状のない間に進行します。糖尿病と診断されたら必ず眼科に受診し、定期検査を受けてください。

婦人科

東邦大学婦人科の医師が、週一度火曜日の午後に診療しています。子宮筋腫、卵巣のう腫、性器脱、性感染症、月経不順、更年期障害等の治療を行なっています。最近日本では子宮がんが増加してきています。不正出血や帯下の異常など心配な症状がある場合は早めに受診してください。手術や専門的な治療が必要な場合は、大学病院などにご紹介しています。
子宮がんは定期健診が重要です。20歳をすぎたら健診を受けましょう。妊産婦健診は行なっておりません。

診療の流れ

診療の流れ

文字サイズ変更

健康診断のご案内

健診予約状況カレンダー

AEC v1.0.4

外来診療担当表

大森中診療所について

  • 大森中診療所について
  • 所長ご挨拶
  • 医療福祉宣言
  • アクセス・地図
  • 各フロアのご案内
  • 中診だより